EARTH CREATE 株式会社 / アースクリエイト株式会社


TOPTOPアルミ鋼構造物 トラス式樋門上屋アルミ鋼構造物 トラス式樋門上屋ペーパースラッジ土壌改良固化材「ハーデン」ペーパースラッジ土壌改良固化材「ハーデン」AT-P工法AT-P工法CCFP-CABOCON(カボコン工法)CCFP-CABOCON(カボコン工法)テクトンテクトンEPP工法(エコ・ペイント・ピーリング工法)EPP工法(エコ・ペイント・ピーリング工法)エポガードシステムエポガードシステムリヴィテールSEリヴィテールSE 落書き落とし用除去剤「MT-47」「MT-T3」 落書き落とし用除去剤「MT-47」「MT-T3」高靱性モルタルライニング高靱性モルタルライニング

AT-P工法

AT-P工法

国土交通省NETIS登録QS-060003V(NETISサイトへ

補強筋埋設方式橋脚補強工法・AT-P工法
補強筋埋設方式橋脚補強工法・AT-P工法

はじめに

平成7年1月に発生した兵庫県南部地震による橋梁構造物の多大な被害経験を踏まえ、道路橋示方書( ( 社) 日本道路協会) をはじめとする橋梁の耐震設計基準に対して、マグニチュード7 クラスの内陸直下型地震による地震動に対しても、必要な耐震性を確保することを主な内容とする改定が行われました。

その後、膨大な数の既設鉄筋コンクリート橋脚に対して、新基準に対応すベく耐震補強が行われてきたことは周知の通りです。鉄筋コンクリート橋脚の耐震補強工法は、当初「既設道路橋の耐震補強に関する参考資料( (社)日本道路協会) 」に示された‘曲げ耐力制御式鋼板巻立て工法'ならびに’鉄筋コンクリート巻立て工法'が採用され、現在でもこれらが主流となっています。

耐震補強工法のなかでも一般的な工法にコンクリート巻立て工法がありますが、補強による橋脚躯体断面の増加が大きくなることから、河川内や隣接構造物がある場合に適用できない場合があります。

これに対して、補強主筋埋設方式橋脚補強・AT-P工法は、既設のコンクリート表面に溝切りを施し、補強鉄筋を埋設することによって、巻立て増厚を大幅に低減した工法で、河積阻害や建築限界など構造上の制約がある場合に有用です。

補強筋埋設方式橋脚補強工法・AT-P工法

工法概要

1.
巻立て増厚がRC巻立て工法の約1/8 、従来のPCM 巻立て工法の約1 /2以下に抑えられます。

2.
河川中の橋脚補強における河積阻害率がほとんど増加しません。

3.
既設コンクリート内に直接補強鉄筋を埋設することにより、コンクリ一卜断面を増加させることなく、確実に耐荷力向上を図ることができます。

4.
補強による重量増加を大幅に抑えることにより基礎構造及び地盤への負担を軽減できます。

工法概要
(クリックで拡大)

施工フロー

施工フロー

補強筋埋設方式耐震補強工法・AT-P工法
補強筋埋設方式耐震補強工法・AT-P工法

工法概要

本工法は、R C巻立て工法や従来のポリマーセメントモルタル巻立て工法に比べて、補強部巻立て厚を抑えた(最小30mm) 耐震補強工法です。従来は、既設躯体周囲に設置していた補強軸方向鉄筋を、躯体に施した溝切り部に埋設し、空隙部に工ポキシ樹脂を充填して定着させた後、既設躯体表面に帯鉄筋を配置し、ひび割れ抑制のためピ、二口ン繊維を混入したポリマーセメントモルタルを巻立てる工法です。

工法の特長

① 巻立て増厚が従来のポリマーセメントモルタル巻立て工法の約1/2以下に抑えられます。
② 河川構造令で規定されている流下断面回害を大幅に軽減できます。
③ 既設コンクリート内に補強鉄筋を埋設することで、補強断面を増加することなく構造物の曲げ破壊を抑制します。
④水門、樋門など河川構造物特有の「戸当りJ を有する壁構造を考慮した部分巻立てが可能です。
⑤ 既設かぶりコンクリートの断面内での補強も可能です。

施工断面図

施工断面図施工断面図

保護被覆工部位別施工仕様図

保護被覆工部位別施工仕様図保護被覆工部位別施工仕様図保護被覆工部位別施工仕様図
(クリックで拡大)

施工フロー

施工フロー

資料ダウンロード